業者に年1回メンテナンスを

男性作業員

エコキュートは丈夫で長持ちと考えられていますが、早ければ7年、長ければ15年程度で買い替えたほうがいいといわれています。使用する状況や周囲の環境によって耐用年数は異なるため、事前にどれくらい持つのか業者に確認してから使うようにしましょう。なお、定期的に長持ちさせるために必要なポイントとなるのは、修理業者にメンテナンスを依頼することだといえます。業者に内部まで確認してもらい、きちんと治せるかどうかを判断することは重要なポイントとされているため、年1回は必ず見てもらいましょう。万が一部品が磨滅していたり、破損しやすい状況となっている場合にも早めに対応してもらえるため、エコキュート本体を長持ちさせられます。毎年1回はメンテナンスを行うことでセンサー部分に汚れがたまるようなこともなく、基本的に故障することが少なくなることも事実です。修理業者に定期的なメンテナンスを依頼することは故障をしないようにするために重要といわれているため、定期的に来てもらえるよう相談しましょう。10年以上たつと部品の磨滅および破損などが見つかった場合、工場側で部品を生産していない可能性があるため、買い替えることも検討することになると理解してください。

故障の原因は経年劣化や部品の故障

男性作業員

エコキュートが故障する場合、故障原因となる場所としてよく知られているのは水しか出ないなどの症状です。本体内部の基盤が故障すると温度調節が不可能となってしまうため、水しか出てこなくなることはよくあることですが、自力での修理は無理といえます。基盤を修理業者に依頼して交換してもらう形となりますが、古い機種の場合は直すことが不可能となる場合もあるため、買い替えの検討の必要性を理解することが必要です。また、お湯が止まらないといった症状もよくあることですが、原因となるのは長期間使用していると機械全体に汚れが蓄積され、特にセンサー周辺が汚れている場合に起こることといえます。まずはお湯が止まらない場合は給水を止めるように水道管の元栓を確認してから、業者に連絡してきてもらうようにしましょう。それ以外で比較的多い症状の一つとされているのは、機器エラーによる故障で、エラーコードの種類により自分で直せる場合と、不可能な場合があります。一時的にブレーカーが落ちることで電源が入らない場合には、電源を入れなおすことで自分たちで直すとはできるため、電源のコンセントを確認してください。それ以外のコードの場合、業者に依頼することで治せる可能性は高いといわれているため、確認して依頼しましょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3